本当に大切なことは誰にも教えたくない

10年ほど前からメンタルを傷つけて病んで悩んで、自分なりに導き出した結論。たまに日常。

社会人一年目のおはなし①

 そろそろ6月になりますね。つまり、大学院を修了し、就職しておよそ2ヶ月が経つことになります。俺の会社はとにかく研修が長くて、グループ会社とか、仲の良い会社と合同で、社会人の基本的なマナーから、専門的な技術までの講習を6ヶ月に渡って行うらしいです。

 

 今回は入社から今までに生じた心境とか環境の変化について書き記しておきます。

 

入社から研修前半まで

 入社して直ぐに感じたのは

「あ、同期、肌が合わねえ」

でした。

 自分を含めてたった4人だけの同期入社でしたが、見事に3対1に別れてしまった。入社当初は、少数派の自分の考え方や感じ方がおかしいんだろうなと思い込んでいて、でも自分の生き方は変えられないから孤独でした。今でも会話とか仕草ひとつひとつが癪に触ってストレスが半端ないです。

 これは正直3ヶ月もたないなと、転職先を探すことも頭の片隅にありました。

 

 メンタル的にも病み病みで、せっかく年度末から調子良かったのにこのまま落ちちゃうんだろうなっていう危機感を抱いていました。

 

 しかし、研修が始まって、他の会社の人達と合流してみたら、考え方がガラッと変わりました。研修が進めば進むほど、自分だけ周囲と親しくなって同期の3人が浮いていく様子を目の当たりにし、3人の醜聞を耳にするようになってからは、自分は割とまともな人間なのかな、と思い始めました。

 先日、技術系の研修を受ける人達ほぼ全員が集結して飲み会を開いたんですけど、後半は俺を励ます会みたいになりましたね。それくらい悪評は蔓延ってるし、その分俺への同情は募ってるらしいです。

 同期がね、色々言われてることはお決して誇らしいことではないですけど、理解者が沢山いてくれるのは救いです。

 

人生で最も外向的

 同期と馬が合わないというのもあってか、いま自分史上最高に外向的で社交的な性格をしているように思います。外に友達を作らないと、ストレスを1人で抱え込む危険な状態に陥りそうだったので、必死にいろんな人と喋りました。自分にこれほど人と繋がるポテンシャルがあったことに自分自身驚きを隠せません。人間追い詰められると、予想外の才覚を発揮するんですね。 

 友達の数もピークを迎えていて、研修終わって散り散りになってしまうのは本当に寂しく感じます。今の内に沢山飲んで、沢山遊んで親睦を深めようと思います。

 

 

 研修はまだまだ続きますが、楽しく過ごしていきたいなと思います。