本当に大切なことは誰にも教えたくない

10年ほど前からメンタルを傷つけて病んで悩んで、自分なりに導き出した結論。たまに日常。

他人に興味を持てない人へ

1176文字

 初めにちょいと雑談。

 俺は今現在の感情が、どのような要因から引き起こされたものなのか考えることが大好きだ。何故それについて興味を持ったのか、何故あれについては興味を抱かなかったのか、とか普通考えなくても良いことを日頃ずっと考えている。

 しかし、考えることに興味はあっても『”考える”とは』みたいな考えには至らない。人間は考える生物だから考える、くらいに捉えていれば十分だと思う。あえて興味がある方向に進むとすれば、何故考えるようになったのか、は気になるところだ。

 

 ここから本題。

 最近ひどく周囲に対して無関心な日々が続いていて、研究室の同僚と話をしていても退屈で仕方が無い。多くの場合こういう状況に陥る原因は自分自身にあるもので、ここ数日はその原因を考えていた。

 

 Q. 何故周囲の人間たちへの興味を失ったのか。

 A. 元々興味などない。

 

 このいかにもネガティブな回答に辿り着いた経緯を以下に書き連ねる。中身を見たらそんなにネガティブじゃないから面白い。

 

 昔から俺が話をしていてワクワクしたり、イライラしたりして感情が動くのは、自分の長所か短所を明確に指示してくれる人間と話をしている時だった。このことから考えられるのは、今でも自分の長所・短所があやふやな俺と言う人物は、人から関心を注がれたいわけではなく、客観的な正負の魅力を教えて欲しいんだ。

 つまり興味を持たれることや、興味を持ってくれる人達よりも興味の内容に興味がある人間だということだ。

 表面的には注目されたい様に見えるかも知れないが、その本質は異なる。注目されることに喜びや快楽を感じるのではなく、そもそも普通に生活している状態の俺に注目する理由はなんだったのかを知りたい。可愛さもカッコよさも優しさもない俺のどこに引っ掛かりを感じて絡んできたの? 未だに分からない。

 

 もし世間に俺の様に、自分に興味を持ってほしいのに、周囲の人間たちに興味が無いという人がいたとすれば、俺と同じように考えて欲しい。表面的には興味を持ってほしいように見えても、本当に欲しいものは興味の内容、つまり自分への評価である可能性がある。ものすごく分かりやすく言うと、自分の事大好きだけど自分のこと全然分かんない人間だ。

 もし考え抜いて異なる答えが出たのなら、俺にも教えて欲しい。

 

 俺がそうであるように、恐らく他人に興味を持てない人は、評価されること自体は嫌いじゃないから、人前に出て話をしたり、議論したりすると少しだけ豊かになると思う。

 それからもう一つ面白いことは、ある日ある場面で、無条件に興味の目を向けてくれる人物が現れるので、その人の事は大切にした方が良いってことだ。最高に人生を豊かにしてくれる。

 

 最後に

 こうやって一つの答えに辿り着いた独りぼっちの俺に、正負に関わらず注目の材料足りえる魅力があると思う?