本当に大切なことは誰にも教えたくない

10年ほど前からメンタルを傷つけて病んで悩んで、自分なりに導き出した結論。たまに日常。

それでも手を差し伸べる

672文字

 かれこれ11年も精神疾患を持ちながら生きてきたことになる。

 11年あって家の外で出会えた理解者は5人程度。これはかなり多い方だと思う。少ない人なら100年生きても1人も出会えないだろうし。とはいえ、その5人とずっと仲良くしてたわけじゃないし、今では親しくしている人も1人だけだからそんなにずっと賑やかってわけでもない。ゼロの時間が占める割合が圧倒的に長いわけだしね。さらに言えば、俺の声を聞いてくれる5人に出会うまで、1人に対して最低でも100人の聞こえていても聞こえないふりをした人に素通りされてるわけだから、それなりに苦労はしてきたつもりだよ。

 冷静なときの俺は、ちゃんと面倒見られないなら声をかけるべきじゃないし、縋り付く手を拾わない方が良いって思ってる。中途半端に力を貸して途中で投げ出すか、最悪共倒れで終わるだろうから。俺だって自分の体調を最優先にして、何百という悲鳴を見過ごしてきた。

 TwitterでもFacebookでもなんでも良いけど、明らかな見て見ぬふりをかまされたときは相当腹立つし、本当に飛び降りて呪ってやろうと思うし、同じ病気になれば理解してくれるなら同じ病気になれば良いのにって一瞬だけ思ってしまう。でも次の瞬間にはその考えは間違いで、絶対に同じような苦しみを味わってほしくないし、万が一同じように苦しむような事態に陥ったら、無視されてきた怒りとか悲しみとか色々思い起こすんだろうけど、それでも俺はその人に手を差し伸べるんだろうなって思う。

 

    話し相手くらいにはなるよ、それから適当な踏み台にしてくれ。