本当に大切なことは誰にも教えたくない

10年ほど前からメンタルを傷つけて病んで悩んで、自分なりに導き出した結論。たまに日常。

情熱の火が消えた

なぜだ。

 

なぜあれほど強い光を放っていたあらゆる情熱が同時期に燃え尽きようとするのか。

 

全ての情熱の火が消えた時、俺はこの限りある若い時間を何に使えと言うんだ。

 

今まで踏みつけてきた嘘と自由の奴隷なんかになってたまるか。