本当に大切なことは誰にも教えたくない

10年ほど前からメンタルを傷つけて病んで悩んで、自分なりに導き出した結論。たまに日常。

今はまだそれほどの度量がねえ

457文字

最近やっと中学の頃の思い出が良いものに感じられるようになった。色々あったけど、トータルで見れば、まあ楽しかったんじゃねえのかなと思う。

この進歩は俺にとって多くの場面で大きな意味を持った。

 

高校時代はどうかと言うと、今のところ素直には楽しかったとは言えない。今の自分を形作る上で必要な経験であったことは確かだけど、決して楽しいものではなかった。退屈だったわけではなく、色々あった結果トータルでマイナスになってしまう。

楽しかった時間といえば、養護教諭ともう一人仲の良かった先生と、その界隈が絡んだ時間くらいかな。でもそれは最終学年の後半になってからやっと見付けられた居場所だったし、そこに至るまでの時間を埋め合わせるにはあまりに短い。

 

小学校、中学校の時をようやくポジティブに捉えられるようになったように、高校時代の思い出を素直に楽しかったと言える日が来るのだろうか。

 

今はまだそれほどの度量がねえことが恥ずかしい。

しかし、パフォーマンスのピークを過ぎたこの歳で、まだ上があるのは幸せなことじゃないか。