本当に大切なことは誰にも教えたくない

10年ほど前からメンタルを傷つけて病んで悩んで、自分なりに導き出した結論。たまに日常。

「ママには帰る場所ないけどね」

1030文字

 いきなり変な話なんだけど、俺は家にいる時しきりに

「帰りたい」

と口にする。

 

 これから出かける時なんかは特にこの所謂発作的なものが激しくなって、玄関を出る直前まで延々と「帰りたい」を唱えている。聞かされる側にはただ鬱陶しいだけの雑音だと思うので申し訳ない。

 家にいるのにどこに帰るんだって話なんだけど、俺本人としては本当に帰りたいという気持ちがあるから発しているわけで、多分ただ出掛けるのが嫌で、嫌すぎて色々飛び越えた感情が言葉になったんだと思う。

 まあもしかしたらこの世界のどこかに、本当に帰るべき場所があるのかも知れない。

でもそんなファンタジーは要らない。

俺は平凡を愛してる。

 

 母親がいる前でその発作が出ると、合いの手みたいに「帰ってきてるよ」とか「これから行くんだよ」とか適当にあしらわれてて、もはや一つのパッケージになってしまった。

 しかし、ごく稀に母親の反応と合いの手が変わる時があって、それを聞く度とにかく気が滅入ってしまうと同時に、結婚に対するイメージが悪化して行く。

 どういう反応を示すのかというと、

「ママには帰る場所ないけどね」

だ。

 まず第一に、家族としては一番近くに感じて生活してきた母にとって、この家は帰るべき場所ではないということ。

 そして第二に、自身の父母や妹が住む実家も、嫁いで四半世紀も経つと本人の中では帰る場所では無くなってしまうということ。

 

 確かに家族間の関係は常に良好というわけでもなく、その影響もあってか家族の半分が精神病を患っている時点で、心から帰りたいと思える場所にはなり得ないのかも知れないけど、俺にとって唯一帰るべき場所と呼べるこの家が、母にとってはそんな大きな価値のない場所であることが悲しいし、嫁に行った女の人にとっては産み育ててくれた両親が住んでいるのに実家の存在がそこまで小さくなるものかと驚いた。

 他の家に入ってしまうと、生まれ育った家族の中にあったはずの居場所は取り上げられてしまうというのか。

そういうもんかよ。

そういうもんなのかよ、チクショーが。

 将来俺の奥さんが母と同じ様なことを言ってたら悲しいし、何より今の俺の様に子どもが聞いた時のショックが大きすぎる。

 将来結婚することが出来るかは別として、婿に行くか、奥さんを迎えるか分からないけど、どちらにしろ、パートナーがいる場所、愛している人がいる場所こそ帰る場所だと思いたいし、俺の家族にはそう思ってもらいたい。

 

 これが危険なエゴなら、誰か注意して。