本当に大切なことは誰にも教えたくない

10年ほど前からメンタルを傷つけて病んで悩んで、自分なりに導き出した結論。たまに日常。

貴女の隣にいる男性はどうですか?

690文字

    先日、ジャーナリストに暴行を受けたという女性・詩織さんの会見がありましたね。

 

www.buzzfeed.com

 

    その後の共謀罪に関する発言は良く分からないので置いておくとして、会見の趣旨にあったのは望まない性行為が行われていたにもかかわらず、不起訴処分となったことへの不服申立でした。

 

    被告人となっているジャーナリストが実際に暴行したか否か、それは本エントリにおいて俺が主張したいことではないですが、逮捕を含めて通常とは異なる手続きがあったとしたら、政府を疑う問題にまで発展しかねないので、今後の流れを注視すべきだと感じています。

 

    本題は、数日経った今日、なんてリアクションが小さい国なんだろうと落胆したということです。そして何故ここまでリアクションが小さいのかを考えた結果、あるシンプルな答えに辿り着きました。

 

想像力がないからです。

 

    多くの男性たちは、詩織さんのような立場に、自分の家族や友人、そして最も愛する人が置かれることはないと思い込んでいます。だから他者に傷つけられる事など到底容認出来ない親しい女性がいるのに、自分の身近な問題として捉えることができないんです。

    残念ながらこの国では、女性が暴行を受ける可能性はゼロではありません。これについては男性も同じです。

 

あり得るんですよ、

大切な人が当事者になる未来が。

 

貴方にはその想像力がありますか?

貴女の隣にいる男性はどうですか?

 

 俺はそんな胸糞悪い想像したくないです。

それでも、詩織さんのような存在を独りにするわけにはいかないですよ。