読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当に大切なことは誰にも教えたくない

10年ほど前からメンタルを傷つけて病んで悩んで、自分なりに導き出した結論。たまに日常。

女性至上主義からなる女性への同一化

836文字

今週のお題「髪型」

 

 僕は基本的に髪の毛が長めです。なぜ長めにしているのかと言うと、その時期ごとにまた少々変な理由が絡んできます。

 

 髪の毛を伸ばし始めたのが、中学校の頃でした。このとき髪の毛を伸ばした理由は、自分の顔を隠したかったからです。特に隠したかったのは目ですね。中学に入ってメンタルを患ったので、周囲が向ける自身への視線が気にならないように、そして自分の視線を他人に悟られないように、という理由で主に前髪を長めにして顔を隠す傾向にありました。

 

 高校生になると、髪型の趣向が少し変化します。前髪が長い印象だったのが、全体的な長髪に向かいます。夏場なんかは基本的にポニーテールにしていたくらい長くしていました。さらに、もともと癖毛でスタイリングの難しい髪に対して、パーマをあてました。この背景としては、女性至上主義からなる女性への同一化が現れたものと考えられます。さらに、高校生の間は、昔の記事で少し述べた例の好きな人ができるまで、性自認がグラグラしていたことも寄与していたと考えられます。そんな状況下でも、常に恋愛対象が女性であったことが、今の男性という性質への拘りと、独自の男性観形成に繋がったと思います。

 

 では今の髪型はというと、就活中なので僕の人生の中ではかなり短い方に分類されると思います。ただ、就活が終わったらまたパーマをあてて、結べるまで伸ばそうと決意しています。

 

 それから比較的童顔なので、髪の毛を短くすると一層幼い印象になってしまって嫌なんですよ。親には外見の印象が10歳近く変わるといわれるので、本当に髪型は大事だなと思います。それでも若いうちに色々お試しして、どの髪型がマッチして、どの髪型が似合わないかを確認出来たという意味では、若いころのメンタルにおける不安定な要素というのは、人生を運ぶ上でいい方向へ働いたのではないかと感じています。

 

 今日は何故かですます調でした。

 とんだ気分屋ですね。

 

関連記事 

意外に色々あったので載せておきます。

lenico0814.hatenablog.com

 

lenico0814.hatenablog.com

 

lenico0814.hatenablog.com

 

lenico0814.hatenablog.com