読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当に大切なことは誰にも教えたくない

10年ほど前からメンタルを傷つけて病んで悩んで、自分なりに導き出した結論。たまに日常。

今だって許されているわけじゃないんですよ

 985文字

 多分男女問わずこの記事を書いた俺という人物に不快感を覚える人が多いと思います。

それでも心が正しいと思ったので書きます。

f:id:lenico0814:20170501002012j:plain

 中学生の頃、幼馴染Yの自宅を訪ねると、いくつか男の俺としては生涯縁の無いであろうアイテムが数種類机の上に並べられていた。

「男だからって、知らないじゃ済まされません。今だって問題になっていないだけで、許されているわけじゃないんですよ」

 という覚えのない罪への説教から始まったのは、生理用品の話。

 その日は、生理用品の種類とか、使い方とか、数字の意味とか、使用したときに女性の体に及ぼす影響、それから生理そのものの現象について知っておくべき知識に男女差など無く、俺がパートナーに女性を選択しているのなら必ず知っておかなければならない、といったメンタリティも含めて沢山のことを事細かに教授してくれた。

 Yが非常に真剣だったので、大事な事柄なのだと心得て真剣に聴いた記憶がある。

 

 俺の母親も女性にはそういう特別な時期があるんだということを割と早い段階で教える人だったので、物心ついた頃には既に母親の体調をケアしていた記憶がある。

まあ子どもの頃なんかは出来ても

「俺がやるから横になってていいよ」

くらいの声掛けだったと思うけど。

 そういう周囲の環境というか、俺にそういうことを教える意味を感じた人が多かったのか、今の俺からしてみれば当たり前だけど、昔から世間的には貴重な知識とメンタリティを養えて来れたと思う。

 

 まあ、女性の生理について、俺ほど知識を持っていると流石に自身でもどこか怖いというか気持ち悪いくらいだけど、最近世間の野郎どもが本当に理解の無い状況だということを感じて困惑している。

 たとえば下の記事。話の趣旨は少し違うんだけど、社会全体として生理についてどう考えられていると感じるか、またその実態に関する記述がある。

pokonan.hatenablog.com

 

 俺は生きてきた環境上、女性至上主義的な所があると自覚しているから、純粋な批評を出来ているか危ういのだけど、いい加減に社会全体として男の無知性を非難していかないと、男たちはどんどん幼くなっていくような気がして怖い。

 

 こうしてタイピングしながら、Yはそういう先を見る能力があったんだなと実感した。

男だからって知らないじゃ済まされない。

 

 人間が二つの性を持つ限り、片方は学び寄り添う必要がある。