本当に大切なことは誰にも教えたくない

10年ほど前からメンタルを傷つけて病んで悩んで、自分なりに導き出した結論。たまに日常。

SNSからのアクセスが少ない

f:id:lenico0814:20170427001521j:plain

 もともと俺のブログは大したアクセス数を稼いでいるページではない。

アクセス解析を見てみると、はてな関係からのアクセスが全体の三割ちょいくらいで、Google検索からの訪問が2割程度。他のブログがどんな状況なのかは知らないけど、来ていただいていることは有り難い。

 

 でもちょっと気になっているのは、SNSからのアクセスが少ないこと。

FacebookTwitterでは自ら見て欲しくてシェアしているのに、それらからのアクセス数はトータルで全体の一割程度。

 なぜなのか。

そこでSNSで繋がっている人たちの性質について考えてみると、

・そもそも見ている人の数が少ない

 Twitterのフォロワー数が140人程度で、Facebookの友達が30人弱だ。Twitterは本領を発揮すれば、潜在的に3桁のアクセス数を稼ぐくらいの集客力を持っていそうだが、Facebookに至ってはほぼ集客力を持っていないと考えていい。それは俺の人徳の無さが引き起こした結果であり、もっと友人を増やし、もっと言葉に注目させる人にならなければならない。

 

・俺の発信している記事のターゲットに属していない

 このページに掲載されている記事の性質からいって、どこか生きにくさだとか、息苦しさを感じながら日々闘っている人たちが、同じように闘っている人はどんな考え方を持って乗り越え様としているのか、どんな思考が助けてくれたのかを求めて読んでくれているものと勝手に思っている。あくまで勝手にね。それでアクセス数が伸びないという事は、俺が記事を宣伝しているSNSで繋がっている人らがそれを必要としていないし、興味もないということなのだろう。

 でもTwitterの方は精神に病を患っている人沢山いるはずなんだけどなあ……。

 

 そして一番の問題はおそらく

・俺の記事が面白くない

 SNSのフォロワーさんの数が少ないだとか、ターゲットがずれているとかそういう問題以前に、書いている文章に人を惹き付ける魅力が無いとしたらどうしようもない。そもそもこのブログは俺の自己満足でやっていることなのだから、面白くなくてもいいじゃないかと思う一方で、せっかく発信しているのだから、少しくらい時間を有意義に過ごしてもらえるような記事を書きたい願望はある。

 

・ まとめ

 確かにアクセス数というのはブログを運営している者にとって、大きなモチベーションになる威力のある数字だけど、俺がブログを始めた理由を忘れて虜になるほど重要な意味はない。とにかく、俺のブログでは、俺の考え方感じ方を素直に書き記して、俺という人物がどんな性質を持っているのかを残していくだけだ。