読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当に大切なことは誰にも教えたくない

10年ほど前からメンタルを傷つけて病んで悩んで、自分なりに導き出した結論。たまに日常。

問い続けました。

 709文字

対話

 八割がた復活しました。

 先週の体調不良をきっかけに、もはや自分を見つめ直すと云うレベルではどうにもならない段階に突入したことを自覚しました。見るだけでなく、会話が必要であると考え、初めて自分自身について自分自身と対話する機会を設けました。

 

自分の状態を理解しているか。

自分の現在地を理解しているか。

自分は自分を見ようとしているか。

自分の願望と能力を理解しているか。

自分の願望は適切に設定されているか。

これからの自分を未来にどう繋げたいか。

 

 三日程度使ってひたすら自分に問いました。

 適当に自分自身が明確に知っておかなければならないことを、社会に出て余裕がなくなる前に、修了が近付いて時間がなくなる前に、問い続けました。自分と対話なんてかっこうつけた言い方をしても、作業は単純な自問自答です。ただ、自分自身に対してかっこうつけずに正直な回答を導き出すことが大切だと思いました。

 

これから

 ここまでで自分という人間を一段階大きくする方法と方向は定まった。

 

  1. 思考と行動を停止させて自分の可能性を潰すことを許したくないのは分かるが、心身を壊す程に頑張りすぎなくて良い。
  2. 目標に向かっていく過程で、自己中心的な自己犠牲に快楽を感じるのは間違っている。
  3. 周囲との関係を勝手に固定しない。互いの成長とともに変化するものと受け入れる。
  4. どうにも性に合っているらしいので、最後の最後までウジウジ考える。そして、自分の言葉を撤回することが大嫌いなのだから、公表する意見はウジウジ考え抜いた結果のみにする。
  5. 心のままに進むことは続けても良い。ただし、必ず4を経ること。

 

 概ねこれらを頭においておけば、先の遺言じみた記事も無効化できるだろう。

 

 まず、もう一段階上だ。