読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当に大切なことは誰にも教えたくない

10年ほど前からメンタルを傷つけて病んで悩んで、自分なりに導き出した結論。たまに日常。

クリエーションの場が布団

 記事の更新をしていない期間でも、暇つぶしに自分のブログは読み直している。主に寝る前に布団の中で読むことが多いんだけど、過去のものから最近のものへ読み進めていくと、

 

「はー、どんどんつまらなくなってるわあ……」

 

と、意識が遠のいていく。

これが睡眠に入るのに丁度いい感覚なので、だいぶ前からこの子守ブログが癖になってしまった。

 

 しかし、なんでつまらないのだろうか。

 そこでまずは、ブログとしてとか関係なく、俺が面白いと思う文章ってどんなんだっけかと一瞬考えた。俺の人生、考えるのは一瞬で良いことが多い。それもなんでだろう……いやそんなことは今はどうでも良いんだけど、なんとなく答えは分かった気がした。

 俺が好んで読む文章には、登場人物がいて、かつ彼ら彼女らの動きが見えて、感情が見えて、見ている景色が見える。

 

 このブログで彼ら彼女らとは、多くの場合俺のことだ。このブログの100%の記事で俺の動きなんて全く見えないし、感情表現も貧相な上、情景の描写も無い。

 

 でも言い訳させて欲しい。

俺のクリエーションの場は基本的に布団の中なのだ。常に目の前に広がる景色は、豆電球のオレンジに染まった散らかりっぱなしの自室で、睡魔にクリンチしながら意識が飛ぶギリギリの状態で文字打ってるから精神活動も痩せこけてやがるのは当然。

 

 残念ながらこれからも布団の中だけが俺の創作の場であり続けるだろうけど、もう少し自分が好きな文章を書くことを心掛けようと思う。その方がきっと俺はもちろん他の人も俺の中身を覗き見できて楽しいはず。