読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当に大切なことは誰にも教えたくない

10年ほど前からメンタルを傷つけて病んで悩んで、自分なりに導き出した結論。たまに日常。

「ムカつくね、いやすごく」

考え 研究

1878文字の記事です。俺にしては長めです。

f:id:lenico0814:20160409101710j:plain

 俺はつい先日大学院に進学した。専攻は物理学。まあ、学生生活においては取り立てて大きな変化は無いかな。今までより高いクオリティーを求められるくらい。

 恐らく俺ら院生より変化があるのは4年生だ。新年度が始まると、去年度配属された後輩たちは、もはやお客さんではなく、対等な研究者として議論する相手になる。完全に同じ目線で話ができるかと言われれば、俺だってまだまだ負ける気は無いし、完全に対等に育て上げるのは自分の力量にも掛かっていると認識している。
 
 そこで、このエントリでは卒研生をめぐって起こっている二つの懸念事項について述べていく。

卒研生が抱く卒業研究に対する認識

 俺が通う大学はネームバリューはトップクラス、とは言っても偏差値が上位の大学というわけではない。しかし、俺が所属する研究グループの研究活動がどうかといえば、そりゃもうとんでもない所まで上り詰めた先輩はいるし、ウチにしか出来ない事はわんさかあるし、未だに過去の研究を見ると萎縮してしまうほどその分野においては歴史的にも業績的にも超一流の研究グループだ。

 そこで4年生の様子を再確認してみると、今となっては不安だらけだ。端的に言うと、新卒研生の認識が甘すぎる。

 卒業研究というのは難しい。今まで受けてきた講義や実験の比じゃないほどに。彼らは研究室選びの際に教授陣との充分なコミュニケーションを怠り、自分たちが超一流の研究グループに配属された事にまだ気付いておらず、就活で忙しいといって姿を現さない上、知識を増やそうともしない。就活で忙しいことと研究を休んで良いことは全く繋がりがなく、就活で忙しいなら他の人の2倍努力して就活も研究も頑張るというのが普通の考え方だ。もちろんサポート役として先輩や教授は時間を割くことを厭わない。

 多くの手段を駆使して自分の能力を上げる努力をしなければ、俺らを指導してくださってる教授陣は、今まで君たちが受けてきた講義みたいに簡単に単位くれないよ。
 
 まあ贔屓目に見ると研究グループ内の中でもウチの研究室の子たちはまだ見ていられる。研究の大変さとか、楽しさとかに気付きつつあり、前向きに自主的に動こうとする兆しが見えるから。
 そういう雰囲気が他の人たちにも伝染していくと良いなと願う先輩は、今度の学会発表の内容が決まらなくて震えてます。

 

研究発表に対するコメントについて

 うちの研究室および研究グループでは、定期的に人前で研究内容を発表する機会がやってくる。上手くこなす人もいれば、ちょっととちっちゃう人もいる。まあ俺はどちらかというと後者だったことは秘密にしておいてください。
 で、一番早く訪れる発表の機会というのが、新卒研生になる学部生たちが行う勉強会だ。与えられた課題を提示された日まで調べ、まとめ、そして発表する。研究グループ内での発表なので、規模はかなり小さめの場だ。
 調査期間は一か月与え、発表日は3月の末にあったのだが、ある学生が行った発表が大変酷いものであった。まず、発表に使ったスライドは参考にした先輩のPPTを100%コピー、内容はスライドの文を読むだけ、中身について理解度ゼロ。
 俺はその子の発表を聴いて、
(あーあ、この子就活頑張ってるみたいだけど、このまま行ったら卒業危ういな。直属の先輩は面倒見るの苦労するかもしれんな)
くらいにしか思っていなかったのだが、俺と同期の男がその酷い発表をした卒研生に対してみんなの前で
 
「流石にここまでだとムカつくね、いやすごく」
 
とコメントした。この言い方は俺は理系の教育的にアウトだと思った。
 確かに酷かった。でもね、発表に対する質問やコメントに個人の感情を添えてしまうのはどうなのかなって思うわけよ。理系な訳だし「ムカつく」なんて極めて主観的な人間性批判に繋がるコメントではなく、内容の理解度の低さをフォローするとか研究者としてのメンタリティーを育成するようなコメントをしてあげないとダメだと思う。
 
 まとめると、俺たち物理学を学ぶ者、理学系の研究を行う者、その他の客観的事実を検証する学問に携わる人は、どんなに酷い発表を聴いたときでも、個人の感情を添えたコメントは控えるべきだ。俺は卒研生の時にそれを指導教員じゃない人にされて、とても多くの時間を無駄にしたから。
 発表することも大事だけど、発表を聴いてどう反応するかも同じくらい研究者にとって大事なわけだから、今回の一連の出来事を受け、そういう聴き手としての姿勢の育成に力を入れたいなと思う。
 
 まあ、PPT完コピされた先輩っていうのは俺のことなんだけどね。