読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当に大切なことは誰にも教えたくない

10年ほど前からメンタルを傷つけて病んで悩んで、自分なりに導き出した結論。たまに日常。

「おまえ友達じゃないから」

    悲しいことに最近自分の心が向く方は正しいのか不安になる場面が多くて、今まではそういうことがあると親に相談してたんだけど、今の俺には親以外にも相談できる人がいる。

 俺は友達が少ない、とは思わない。 でも、いなかった。そして高校の時に友達だと思っていた人に突然

「おまえ友達じゃないから」

と言われた日から俺には友達がどんなものなのか全く分からなくなってしまった。でもそんなものはもう自分で決めちゃっていいと思うんだよね。友達に定義をつけるつもりは無いけど、今どんなものだと考えているかは自分の中で一度明確にしておきたい。いつか子どもに訊かれた時に迷いなく答えられる人でありたいから。
 
    例えば多くの時間を共に過ごす研究室の同僚が友達かと訊かれたら、多分否定するような気がする。俺にとって大事なのはやっぱり一緒に過ごした時間の長さよりも、素直に話せる事柄の多さなのかなと思う。彼らに自分の病気の話とか、ここに書き記しているような考えを話してみようなんて絶対に思えない。でも今挙げた2つのことは確実に俺の芯になっているもので、多分それらを話した時にあまり真剣に受け止めてくれなかったり、茶化したりなんてことを絶対せずに、うんうんと聴いてくれそうだなと疑いなく信じられる人が友達かなと思う。
 
    そういう風に考えると、俺には今2人か3人くらいの友達がいるかな。これは決して少なくはない。家族でもないのに無条件で信頼できる人が複数人存在するなんてとんでもない奇跡を体現してるんだと感じてる。
 
 まあでも友達ができたのも比較的最近のことだから、この件に関してはもう少し考えていきたいけど、今は単に話したり一緒にいて安心できるならそれでいいかな。