本当に大切なことは誰にも教えたくない

10年ほど前からメンタルを傷つけて病んで悩んで、自分なりに導き出した結論。たまに日常。

明日の俺には明日を

    自分は明日に備えてとか、将来楽なように今頑張るといった思考を素直に生み出せない。そういった努力をする事は素晴らしいし、努力をした人は必ず報われて欲しいなとは思う。自分が先を見据えた努力を思いつかない理由は、おそらく過去の自分が今の自分を想像出来なかった様に、今の自分には未来の自分を現実的に想像する事など出来ないことを知っているからだと思う。

    今日という日は今日を生きる俺の為にある。この世界は明日も退屈で平凡な日常を送れることを保証してくれない。だから今日の俺は今日自分が楽しいように生きれば良いし、明日の俺には明日をしっかり楽しむ権利と義務がある。

    今日の俺が将来に備えて何かするのも、根本にあるのは今日の俺の意思を具現化したい気持ちだ。気まぐれで明日の俺が楽なように面倒ごとを片付けることもあるけど、それも今日の俺が納得するためにする事であって、直接的には今日の俺の為に時間を割いているということになると思ってる。

    こんな風にまるで俺が日毎に独立しているかの如く、その1日に懸けて生きられるのは、このさき決して揺るがないであろう堅苦しくて柔軟な芯を持っているからだ。その芯があることで日々の自分に同一性を持てる。俺には見失うことのない将来の光が見えないからこそ、己の中に芯を見いだせたのかなとは思う。

    まあ、未来の光に向かって走るよりも、その芯を持つ方が意外と難しかったりするんだけどね。