読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当に大切なことは誰にも教えたくない

10年ほど前からメンタルを傷つけて病んで悩んで、自分なりに導き出した結論。たまに日常。

性的少数者派として

考え こころ 未完
    危険な話だけど、あえて公開する。
    最近は色んな恋愛の形が表面化してきてるみたいで、もはや「一部の特殊な性癖」では片付けられない。まあまだ充分とは言えないけど理解されつつある時代なのかなと感じてる。俺は元々そういうのは余裕で許容できる。俺自身の性自認が未だにグラグラなことあるし、そもそもそんなん人の勝手だし、人の気持ちなんて言葉でどうこう言って簡単に切り替えられる程単純な物じゃないと思ってるから。
    ただ、俺の立場としてはやはり恋愛の基本は男女。同性やら両性やらそれに色んな条件が付随したパターンは全部特殊であることは否めない。だって異性間の危うい関係こそ一番綺麗じゃん。

    これは内緒の話だけど、人以外の物体や雨に惚れた経験がある性的少数派としても、その基準は捨てたくないな。