読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当に大切なことは誰にも教えたくない

10年ほど前からメンタルを傷つけて病んで悩んで、自分なりに導き出した結論。たまに日常。

あなたの方が優れている

考え
    世間には人の行為を批判する事自体に嫌悪感を抱く人がいるらしいが、恐らく批判の意味と意義を知らない連中だろう。
    人が人と関われば、少なからず不満や不快感を感じる事があるのは当然の事なんだから、人を批判する事は全然悪い事じゃない。本人に直接言う勇気がなくて、仲の良い親い人に同意を求めるのだってアリアリだ。
    ただそこに蔑みや、見下しが含まれてはならない。批判を批判で止め、自分の人となりを傷つけないでおきたいならそれは絶対に破ってはならない。仮に本当にあなたの方が優れていることを証明できるのなら、必ず相手を意のままにコントロール出来るはずだ。しかも延々と批判の演説に時間を費やす必要もなくなる。蔑んだり見下したりした時点で分かり切ってる事だが、あなたが対象に翻弄されているという事実は、少なくとも相手があなたより劣っていない何よりの証拠だという事に早く気付といい。

    まあ、俺は誰かの手のひらの上でゴロゴロ転がってるのも好きなんだけどね。