本当に大切なことは誰にも教えたくない

10年ほど前からメンタルを傷つけて病んで悩んで、自分なりに導き出した結論。たまに日常。

親が信じられない夢

    俺の弟はガキの頃から野球を習っていて、高校生になった現在も野球部でそれなりに志を持って頑張ってるらしい。弟も野球をやる以上プロ野球選手を目指してる。本人の人間性は置いといて、夢を持ってそれに向かって突き進むのは素晴らしいことだし、カッコイイなと思う。母親も全然野球知らないけど頑張って応援してる。対して父親はね、弟が野球を始めた当初から弟の夢について半笑いで
「無理でしょ 」
だ。もう呆れるとかそんな次元じゃない。この男が俺の父親であることを憎む。
    今はもう高校生だから弟も自分で考えてやってるけどさ、小学生中学生の頃にそんなこと言われた時の気持ちを考えるといたたまれない。子どもは親を頼らないと生きていけないんだよ。親を信じて生きていくしか無いんだよ。その親が信じられない夢を子どもが追い掛けられるわけ無いでしょ? 

    親を演じることが簡単なこととは思わないけど、人の夢を踏みにじるような人間は親なんかになれないのは分かる。しっかりと反面教師にさせてもらうよ。