読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当に大切なことは誰にも教えたくない

10年ほど前からメンタルを傷つけて病んで悩んで、自分なりに導き出した結論。たまに日常。

空っぽじゃない

考え こころ 未完
    俺の心はスカスカだ。空っぽではないけど、ほとんどが空白。だから何かが入ってくれば直ぐに察知し、生々しく感じ取ることが出来る。例え入ってこなくても、近付いてくるものも敏感に感じ取れる。良いものも、悪いものも全部。だからいつも簡単に傷付いてメソメソしてる。
    俺自身の経験と、俺と似た状態に陥ったことのある人を見てきた感想から得た考察だけど、スカスカになっちゃった人の心は殻を作りはじめる。何かを感じることを拒否し、何者の侵入も受け付けない。そうなってしまった人は、もう自分が受け入れたいものしか受け入れてくれない。例えば好きな人や家族の一言とか。ただそれがやってくるのを独りで、苦しみながら、暗いところで待ってる。しかもそうなった人は、もう長くは人ではいられない。
    俺の心はまだ空っぽじゃない。スカスカで、しっかりした殻も出来上がってる。でも苦しみに耐えて、何とか人であろうという意思を持って生きていると、誰かの気持ちが注がれ温められて、無様な格好かも知れないけどもう少しだけ生きるか、程度に元気が出る。   
    俺にはそれで充分だ。
    これからもきっとそんな風に思いながら生きていく。