読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当に大切なことは誰にも教えたくない

10年ほど前からメンタルを傷つけて病んで悩んで、自分なりに導き出した結論。たまに日常。

暗黒

    いま俺は幾つかの薬を毎日飲んで何とかあらゆる体の異常を誤魔化して、普通の人間のフリして生きている。薬が無かったらとっくに首吊ってるか、引き裂いてるかの行動に出ていると思う。
    薬で整えた感情はちゃんと笑ったり、悲しんだり、悩んだりする。そのお陰で1日の内で何分間かは楽しいと感じられる時間にも出会える。
    そこで最近思うのが、薬の力でなんとか落ちた気持ちを整えたり、訳の分からん幻聴が消えたとしても、生活の中に楽しいと思える時間に出会えない人の心はどうなるんだろう、ということ。折角心を調整したのに、心の中に蓄積されていくのはただ退屈で苦しい思い。薬で延命しても、濃密な闇が心を占めていく。そうなってしまっては薬で延命していても、いつかは人ではないものになってしまう。俺もいつかそうなってしまうことを考えるとワクワクする。