読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当に大切なことは誰にも教えたくない

10年ほど前からメンタルを傷つけて病んで悩んで、自分なりに導き出した結論。たまに日常。

男女間の友情

考え
    よく男女間の友情は成立するか、とかいう下らない議論が行われてるけど、大抵前提を間違えてることが多い。
    男女間の友情の成立は、お互いの性別を意識することのない関係構築だと思われてる。それが間違ってる。
    本当の男女間の友情っていうのは、お互いの性別を尊重しあって、お互いの性的な魅力を認め合って初めて成立するはず。そもそも異性としての魅力を微塵も感じない異性と友達になろうと思うわけがない。
    だから、仮に性的な関係があっても、それぞれ彼氏彼女がいないとか、独り身だとかのケジメが付いていれば何も問題無いと思う。世界で最も親しい異性なら、変に後腐れせず、友情関係をぶち壊す愚かな考えを持たないという信頼があれば、そういう関係を持っても良い。
    これが男女間の友情というものへの俺なりの考え方。なんか、自分の人生を肯定する為だけの都合のいい考え方だったかもね。