読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当に大切なことは誰にも教えたくない

10年ほど前からメンタルを傷つけて病んで悩んで、自分なりに導き出した結論。たまに日常。

考え

考え
    小学生からの経験上、周りの環境を変えるよりも、自分自身を変えてしまう方が遥かに簡単。だから俺は数年ごとに全く違う人格に変えちゃうわけで、今じゃ小中高の時の同級生と話せる俺はどこにもおらん。
    卒業後も仲良くしてる人が一人もおらんのが不幸中の幸いなのかな。
    ただ、普通の友達とかに見せる顔と、他の人よりも周りが良く見えてて俺が発する割とグレーな話を許容できる人と信用してる先生に見せる顔は全く違う。そっちの顔は今でも出来るから多分それが本当の俺なのかな。要は俺が定期的に改変しとるのはインターフェースだけで、本質的な所は何にも変わってないってことだな。
    ちなみに、そのモードで話せる大学の友達は現状一人だけ。しかも多分増えることねえわ。