本当に大切なことは誰にも教えたくない

10年ほど前からメンタルを傷つけて病んで悩んで、自分なりに導き出した結論。たまに日常。

読まなくてもいい

    俺の考え方のほとんどは、中学生までの経験で仕上がった。その考え方の確立はこっぱずかしくも幼馴染の影響がスーパー大きい。

「基本的にあなたの考え方は公共の福祉に反しないから、自分勝手にやったらいいと思いますよ」
と言われたものの、周りの人間たちと感覚が違いすぎたのか、例えその行動が正しかったとしてもいちいち難癖つけられてきた。今じゃそのワンパターンな反応に飽きてきたから平気だけど、ガキの頃は本当にしんどかった。
    今は俺の考え方を面白おかしく捉えてくれる人も大切な存在なんだと思い始めたよ。みんな大切、捨てるものなんてない。