本当に大切なことは誰にも教えたくない

10年ほど前からメンタルを傷つけて病んで悩んで、自分なりに導き出した結論。たまに日常。

考え

子どもを産み育てること

『結婚して子どもを産むことがそんなに偉いんですか?』 たまにこういう色んな感情が絡み合った一文を見かける。特に女性の方が発する機会が多いと思う。どんな言葉を投げかけられてそう反応したのかを想像してしまうと少し落ち込むけど、そういう感情を度外…

幼馴染との話⑩

Yと出会ってから9年も経った。8歳の頃に会ったから、もう人生の半分以上の時間を一緒に過ごしてきた事になる。お互い言葉遣いや外見は変わったけど、芯の部分は何も変わっちゃいない。 この頃のことは割と最近だから比較的鮮明に記憶している。 高校生にな…

やっぱり俺は本当に

ついにこのブログを始めた当初の目標であった100記事を迎えたわけだ。内容はいかにもメンヘラって感じだと思うけど、これで俺を俺足らしめる事柄の内で重要なことは概ね文字に起こすことが出来、どっかで自分を見失いそうになった時にここを覗くことでふん…

人の命ってやつは

どうしてこんな良くあるテーマについて書いてこなかったのか疑問だけど、やっぱり必要だと思うので書く。 人なら自分の命や人の命について考える時が来る。例えば『人の命は平等なのか』、例えば『なぜ人を殺してはいけないのか』。 明らかに狂ってるものを…

根底にあるものが違っていたとしても

精神疾患と一口に言っても、それだけの共通点で集うのは危険だ。例えば、俺の知り合いは唐突な 「死ぬかもしれない、死ぬのが怖い」 という恐怖に苦しんでいるが、自分は死ぬかも知れない恐怖に襲われたことなんて無いし、寧ろ常に早く死にたいと思ってるタ…

俺に男女平等はムリ

高校の頃一人の同級生の男が女子をメジャーとマイナーにカテゴライズしてるクソ根性を目の当たりにして一悶着あってから、元々引っかかりを感じていた男女の立場について本格的に考えるようになった。あまり友達がいなかったので年の近い先生や仲の良かった…

後ろ盾にすべき死

死を後ろ盾に生きてる人は強い。死を恐れぬ人の生き様は常にチャレンジングで魅力的だ。頭も良いと尚格好いい。 ところが死を後ろ盾に出来たことだけが人生の強みなってしまった人は結局社会に溶け込もうとした時に、世間が要請するような働きは出来ないと…

哲学と医学のアプローチでは

高校・大学と物理学を勉強してきて来春の大学院への進学も決まったわけだが、元々俺には物理学を学ぶ気は無かった。高校の時本当は火山とか気候に興味があったから地学を学びたかったんだけど、受講者が少な過ぎて開講されず、止む無く物理学を選択した。し…

自分は誰よりも強いんだと

今までさんざん自分の弱さを認めることが強さだとか、壊れても新しい自分を再構築出来る人が本当に強いとかほざいてきたけど、人間なら時には自分は誰よりも強いんだと吠えたっていいと思うよ。 自分の信念を鼓舞し、貫くために吠えるのは絶対カッコいい。…

幼馴染との話⑥

この話では特に2人の会話は無いけど、長い時間かけた印象的な思い出だったから書いておく。 中1の春。 中学受験をしたYは頑なにその進学先と引越し先を教えることを拒否したが、同じ市内という話だったので俺も最後まで無理に聞き出そうとはしなかった。メー…

よく観るのは野球とF1

メンタルが落ちやすい俺に元気をくれるものと言えばスポーツが挙げられる。自分がよく観るのは野球とF1だ。 野球は集団対集団で行うスポーツでありながら、個人の細かな成績が重要視される特殊なスポーツだ。一球一球全てに意味があり、一球の間の中で巻き…

賑やかな朝をのこして

俺は賑やかな朝が大嫌いだ。 小学校の頃は親父の的外れな怒鳴り声と、母親の嗚咽混じりな反論で目覚めてた。当然全ては親父側の落ち度が原因だった。母親も当時から俺と似たような病気だったから絶対俺が守らなければならないと思っていたが、それには俺は…

光速を超えた我が想像力

俺にはガキの頃から大好きなものが2つある。俺を俺たらしめる事柄の一つであるにも関わらず、あまりその話をする機会は無いので此処に遺しておく。 その2つとはズバリ天体と恐竜だ。2つの共通点を見つけるのはかなり苦しいように思えるが、俺にはハッキ…

明日の俺には明日を

自分は明日に備えてとか、将来楽なように今頑張るといった思考を素直に生み出せない。そういった努力をする事は素晴らしいし、努力をした人は必ず報われて欲しいなとは思う。自分が先を見据えた努力を思いつかない理由は、おそらく過去の自分が今の自分を想…

全ての音は音楽

俺はよく音楽を聴く。俺みたいなもんは大抵気持ちが落ちそうな時や落ちてしまった時に聴きそうだけど、好きな音楽はいついかなる時も聴いていたい。 歌詞で何を言ってるか分からない外国の歌もよく聴く。俺にとって重要なのは、何を語っているかではなく、音…

自分がつくった子を憎む

子どもは親がいなければ生きていけない。絶対的に依存した存在だ。それなのに、一部の親は自身の子を拒絶し、排除しようとする。 何故自分がつくった子を憎むことになるのか。何故子どもがいるからこそ感じられる苦しみに幸福を得られないのか。自分を苦し…

その瞬間に輝く君たち

夏の高校野球が盛り上がってる時期なので、昔から思ってた事を一つ書いておく。 夏に開催されるスポーツとしてはかなり過酷な高校野球。近年は夏の暑さも一層増しており、プレーする高校生達への負担も相当大きくなっている。非常に残念な事だけど、耳が痛…

性的少数者派として

危険な話だけど、あえて公開する。 最近は色んな恋愛の形が表面化してきてるみたいで、もはや「一部の特殊な性癖」では片付けられない。まあまだ充分とは言えないけど理解されつつある時代なのかなと感じてる。俺は元々そういうのは余裕で許容できる。俺自…

相手の立場に立って

誰しも人生のどこかで「相手の立場に立って考えましょう」的な話を聞かされたことがあるだろう。俺の考えとしては、正しい主観の持ち主は相手の立場に立って考える必要は無い。相手の立場に立って理解するよりも、眼に映る相手の姿だけで主観的に相手の気持…

最も恐れているのは光

これから記す内容は、マリアン・ウイリアムソン(Marianne Williamson)が書いた『愛への帰還―光への道「奇跡の学習コース」』の中の一部と仏教の『無明』という概念を組み合わせ、さらに自身の人生経験を適用させて辿り着いた答えだ。 俺が心から恐れてい…

語る必要が無くなる

ある柔道家が自分の病気を世間に公表せず、最後の瞬間まで柔道の未来の為に働き続けたといった内容のテレビをチラッと見掛けた。正に男の生き様だとか真の柔道家だとか大層な評価も貰って、一級品の美談として完成されてた様に見えたよ。 しかしなあ、折角…

上手いではなく好きと

大抵の人はそれなりに努力すれば、それに伴ってそれなりの技術を獲得できる。そしてそれなりの技術を持つと、自分の上にどれだけの人間がいるのか何となく見えてくるし、長くやればやるほど頂点が果てしないことも分かってくるから、自分の技術をいくら下の…

沈黙とは正に金

俺は社会の駆け足な会話について行けない。みんな間も無い掛け合いを展開していて凄いなあと思う。さぞかし頭の回転が速いんだろう。 いまの世には沈黙を許してくれる人が少なすぎる。俺にとって沈黙とは正に金。カーライルが説いた意味とは少し違うかも知…

上なんて向いてたら

弱ってる時に下を向いて歩くと姿勢が悪くなり、呼吸が浅くなって余計に気持ちが下向きになるらしい。確かに浅い呼吸は自律神経の働きを狂わせる。だから姿勢を整え、胸を張り、上を向いて歩くと良いらしい。世に言うあれだ、上を向いて歩こう的な、ちょっと…

あなたの方が優れている

世間には人の行為を批判する事自体に嫌悪感を抱く人がいるらしいが、恐らく批判の意味と意義を知らない連中だろう。 人が人と関われば、少なからず不満や不快感を感じる事があるのは当然の事なんだから、人を批判する事は全然悪い事じゃない。本人に直接言…

神を信じる理由は

神様はいた方が面白い。俺にとって神を信じる理由にそれ以上は必要無い。少なくとも俺が生きてる時代で神の存在が肯定されることはないだろうし、否定されることもないだろうからね。 唐突な話だが、実は俺の家系はある宗教を信仰していて、俺も生まれて直…

自殺は面倒くさい

10年近くどうやって命を絶つか考えてきたけど、自分自身とは言え、人ひとり殺すのには兎に角手間がかかる。ポピュラーで、手軽かつ安楽な自殺法として首吊りがあると思うんだけど、まず紐やら縄やらの調達が面倒臭い。それから場所を決めるのも大変だ。成人…

社会モデルの障害者について

身体障害、精神障害、知的障害、発達障害……。社会では多くの人が個人の特徴によって感じる障壁から、行動の制限や社会的な不利を強いられながら生きている。しかし、今の社会で言われる障害者は、全て医学的なアプローチでしか定義できていない。 障害者の…

全て最高の結果

心を患ったことで、どうして俺はこんなに苦しい生活を強いられなきゃいけないのか、と毎日思っていた時期があった。同じような病気の人が「どうして私達だけ……」と言う時も、その気持ちはよく分かるから賛同するし、確かに調子を落とすとたまにそのような思…

信頼は脅迫だ

人間の完璧さを信じる人の信頼はある種の脅迫だ。 人は、他人と繋がりを持つ時、信じて入る人と疑って入る人に分けられるだろう。無関心は繋がっているとは言えないからここでは除外する。 俺は俺が信頼している人に関しては100%信頼している。その信頼が含…

親が信じられない夢

俺の弟はガキの頃から野球を習っていて、高校生になった現在も野球部でそれなりに志を持って頑張ってるらしい。弟も野球をやる以上プロ野球選手を目指してる。本人の人間性は置いといて、夢を持ってそれに向かって突き進むのは素晴らしいことだし、カッコイ…

人っぽくて良いでしょ?

歳をとってくると自然に自分の感情を表に出さない術を身に付けてしまうもので、誰もがすました顔して過ごすのが大人の証とでも言うかの如く落ち着いた表情をしてやがる。 俺は心を痛めた中学くらいから「クール」とか「冷静」とか比較的感情表現が乏しい評…

教えたいな

人の心は簡単に壊れる。誰も気づかないうちに。本人さえも気付かないうちに。ただでさえ修復困難なそこを責め続けるとどうなるか、多くの人は知らない。まあ、その内身体の表面に傷が出来て嫌でも気付くことがあるかもね。でも、多分殆どの人は心が壊れてい…

男なんてすぐやめる

俺は男だし、異性にチヤホヤされる方ではないので、基本周りにいるのは同性だ。でも男は嫌いだ。下品で暴力的だし、特に女性への見下しが許せない。普通に生きてきてどうして女の人をそこまで下に見ることが出来るのか全く理解できない。周りには一瞬でその…

俺は許さないよ

俺は人が何か将来について憂いたり、自らの行為を後悔したりしているとすぐに、「別にいーじゃん」 「大丈夫大丈夫」を繰り出してしまう。時にはそれが良くない方へ作用してしまうのは良く分かってるけど、俺は本心からそう思ってる。 俺の周りには俺と同じ…

見た目で判断

こんな当たり前のことを改めて文字にする必要は無いはずなんだけど、後の人の為に書いておく。 人を見た目で判断することについて。何で人を見た目で判断するのがいけないこととされるかというと、殆どの人間が見た目だけでしっかりとその人物の性質を判断…

記憶力がね

最近さ、まあ最近と言っても本格的に体調がどうしようもなくなってきた5年くらい前からかな。薬の副作用か知らないけど、集中力と注意力が常に散漫なんだ。その影響なのか本当に色んな事覚えられなくなってきてる。明らかに落ちてるんだよ、唯一の取り柄と…

一番カッコ悪い

俺は基本的に自分の辛さとか苦しさを隠すタイプではないと思ってる。自分の弱さを見せるのは、自分の健康と安全を守る為と、相手に対する信頼と信用を示す為。俺だったら後で「あの頃ダメだったんだ」なんて言われたら悲しいし寂しい。まあ、実際本当にダメ…

父親

父親が自分の子どもに好かれる一番の方法は、奥さんに優しくすること。多くの子どもらにとって母親は何者にも代え難い存在であり、親は二人いるにも関わらず、母親こそ最も大切な存在であることが多い。その母親に優しくする人を子どもが嫉妬以外で敵対視す…

勇敢な人たち

今日、大学の先輩にあることを茶化された。とてもよく面倒見てくれる優しい先輩だけど、時々そういう致命的な欠陥を見せる。いつもは俺の不甲斐ないところを笑われるだけだから軽く流せたけど、今日は後に影響が出そうな態度を取ってしまった。でもね、今回…

大笑いしちゃった

脱衣所の鏡に映った痩せ細った体を見て大笑いしちゃったよ。死がそばまで来てる気がしてワクワクした。 最近食べ物が喉通ってないからどんどん痩せていく。なんて生命力を感じさせない体なんだろう。このまま痩せていこう。

心を込めて

昔から恋愛対象として見ていない人には簡単に「美人っすねー」とか「可愛い可愛い」とか感情込めずに軽く言えるのに、本当に好きな人には全く言えない。多分心込めて言っちゃうのが分かるからストッパーがかかるんだと思う。でもそのストッパーを振り切って…

病むべくして

人が心を病んだ原因は人の数ほどあるはずだよね。 ろくな信念の無い蔑み、大切な存在の消失、真面目故の重責の蓄積、その他にも挙げていけば無限に存在するだろう。悲しいけど。 上記の事例に共通しているのは、外からの力を受けていることだ。俺は、このよ…

心の中に閉じ込めて

自分の心の中に人や物事に対する鬱憤を蓄積する事は絶対に良くない。思いは材料さえあればどんどん成長していく。自分の心が許容出来ないくらい肥大する前に、話せる人がいるならどんどん聞いてもらった方が良いし、話し相手がいないなら空想の存在でも良い…

視線

幸か不幸か俺の目は比較的パッチリしてる方で、しかも長いまつ毛のお陰でその印象を一層強めてくれる。世間的には目は大きい方が良いんだろうけど、俺としてはそんな簡単に受け入れられない悩みの種の一つだ。 高校1年の頃、俺が一番笑い者にされてた時期。…

威圧による支配

暴力は振るわないにしても、立場の違いとかを背景とした威圧をすることで人を支配する人って、結局その人も誰か他の人の威圧感によって支配されてる可哀想な人なんだよ。そういう人は自分の威圧が通用しない人を酷く恐れる。とても弱い人たちだ。全て見透か…

俺の声って

多くのケースで言葉は文字か声。『多くのケース』とは言ったけど、正直他の形態は思い付かない。あったら教えて欲しい。 文字と声では情報量が違う。文字に抑揚はないけど、声にはある。さらに言えば、対面していれば声にはその人の表情とか仕草とか、様々…

間違ってる

心を病むと性に異常に緩くなることがある。性的な交わりは極めてプライベートな事柄で、ダイレクトに存在を肯定されてる感じがするし、人と人の距離が一番近く感じられる行為だと思う。愛を感じるかは別として、何かに満たされるのは確かだ。 でも本当に欲…

過去をどうすれば

時は人の救いだけど、過去の人に執着する俺にとってはそうではないかも。どんどんその人との記憶が薄れていくのが怖い。執着なのか取り憑かれてるのかは微妙だけどね。 その人との会話でいつかの俺が「過去に執着する人に未来はないけど、過去を捨てた人に…

空っぽじゃない

俺の心はスカスカだ。空っぽではないけど、ほとんどが空白。だから何かが入ってくれば直ぐに察知し、生々しく感じ取ることが出来る。例え入ってこなくても、近付いてくるものも敏感に感じ取れる。良いものも、悪いものも全部。だからいつも簡単に傷付いてメ…