読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当に大切なことは誰にも教えたくない

10年ほど前からメンタルを傷つけて病んで悩んで、自分なりに導き出した結論。たまに日常。

未完

例えばその単語を知ったとして

147文字 メモ ちょっと引っかかること。 「死にたい」 「それは希死念慮だね」 「俺の存在を認めてほしい」 「典型的な承認欲求だね」 もう一つ、 「お腹すいた」 「それは食欲だね」 例えばその単語を知ったとして、何が変わる? この温かさを感じない優し…

東日本大震災の後

721文字 東日本大震災の後、腹が立ったことがあった。 ちょっと前の話なんだけど、今も心にモヤモヤが残ってて気持ち悪い。何の話かと言うと、ある人物のFacebookにおける復興支援に参加した旨の報告だ。 その立派な行為になぜ腹が立ったのかと言うと、投稿…

Imaginary friend -イマジナリーフレンド-

1335文字 お題「私の頭の中の友達」 言いだしっぺなので、俺の体験談を一つ。 頭の中の友達 ー イマジナリーフレンド ー "頭の中の友達"とは、イマジナリーフレンド (Imaginary friend; IF) のことを指している。俺自身も最近知った単語なので、詳しくはない…

最初から出来ないだなんて

もうちょっと書きたいような気もするけど、一旦世に放つ。 「出来ないなら初めから出来ませんって言えばいいのに」 これは昨日、俺の同僚が同じ研究グループの同期の、ある行動に対して言い放った言葉だ。 ことの経緯は単純。 大学院の講義で、受講生が順番…

生きている意味の罠

最も俺らしい、強引で考えすぎな話。 最近ちょっと過去の記事、特に幼馴染と導き出した答えに関するものを読み直していた。何の気なしにサラサラ―っと読みながら、幼馴染のことを思い出していた。 未だに全ての面で追いついてないなー。 ガキの頃はかなりの…

先輩を育てるのは後輩

とある先輩の話。 彼は期限を守らない。 彼は指示を聞かない。 彼は失敗を繰り返す。 彼は言い訳を垂れる。 彼は身の程に合わない大口を叩く。 彼は学位を取ることが出来るのだろうかと、毎秒こちらを不安にさせる。 挙げていったらキリがないけど、大学の4…

大人なんで

595文字の記事です。 最近は生活に余裕が出てきたのか、自分のメンタルヘルス管理の為には、自分の人間的な質の"維持"だけではなく"向上"させる術も考えなければと思い始めた。 上ではカッコつけた言い方をしているけど、具体的には 相変わらず裸で持ち歩い…

狂ってでも守らないといけないもの

この記事は633文字です。 ちょっと前なんだけど、何の気なしに新聞をペラペラ~っと捲ってたら、東野圭吾の『人魚の眠る家』の広告が目に入った。作品を読んだわけでもないのに、広告に取り上げられたワンフレーズがどうも引っかかってしまった。それが以下…

優しい本人だけ

この記事は514文字です。 「良い人と優しい人ならどっちになりたい?」 昨年末に母の実家を訪ねた時、祖母にそう訊かれた。 自分は兼ねてから"優しさは強さになる"と唱えてきたから、早々に後者だと答えると、祖母は少し難しい顔をしてしまった。祖母が期待…

「おまえ友達じゃないから」

悲しいことに最近自分の心が向く方は正しいのか不安になる場面が多くて、今まではそういうことがあると親に相談してたんだけど、今の俺には親以外にも相談できる人がいる。 俺は友達が少ない、とは思わない。 でも、いなかった。そして高校の時に友達だと思…

人の命ってやつは

どうしてこんな良くあるテーマについて書いてこなかったのか疑問だけど、やっぱり必要だと思うので書く。 人なら自分の命や人の命について考える時が来る。例えば『人の命は平等なのか』、例えば『なぜ人を殺してはいけないのか』。 明らかに狂ってるものを…

俺に男女平等はムリ

高校の頃一人の同級生の男が女子をメジャーとマイナーにカテゴライズしてるクソ根性を目の当たりにして一悶着あってから、元々引っかかりを感じていた男女の立場について本格的に考えるようになった。あまり友達がいなかったので年の近い先生や仲の良かった…

後ろ盾にすべき死

死を後ろ盾に生きてる人は強い。死を恐れぬ人の生き様は常にチャレンジングで魅力的だ。頭も良いと尚格好いい。 ところが死を後ろ盾に出来たことだけが人生の強みなってしまった人は結局社会に溶け込もうとした時に、世間が要請するような働きは出来ないと…

幼馴染との話⑥

この話では特に2人の会話は無いけど、長い時間かけた印象的な思い出だったから書いておく。 中1の春。 中学受験をしたYは頑なにその進学先と引越し先を教えることを拒否したが、同じ市内という話だったので俺も最後まで無理に聞き出そうとはしなかった。メー…

全ての音は音楽

俺はよく音楽を聴く。俺みたいなもんは大抵気持ちが落ちそうな時や落ちてしまった時に聴きそうだけど、好きな音楽はいついかなる時も聴いていたい。 歌詞で何を言ってるか分からない外国の歌もよく聴く。俺にとって重要なのは、何を語っているかではなく、音…

性的少数者派として

危険な話だけど、あえて公開する。 最近は色んな恋愛の形が表面化してきてるみたいで、もはや「一部の特殊な性癖」では片付けられない。まあまだ充分とは言えないけど理解されつつある時代なのかなと感じてる。俺は元々そういうのは余裕で許容できる。俺自…

上なんて向いてたら

弱ってる時に下を向いて歩くと姿勢が悪くなり、呼吸が浅くなって余計に気持ちが下向きになるらしい。確かに浅い呼吸は自律神経の働きを狂わせる。だから姿勢を整え、胸を張り、上を向いて歩くと良いらしい。世に言うあれだ、上を向いて歩こう的な、ちょっと…

神を信じる理由は

神様はいた方が面白い。俺にとって神を信じる理由にそれ以上は必要無い。少なくとも俺が生きてる時代で神の存在が肯定されることはないだろうし、否定されることもないだろうからね。 唐突な話だが、実は俺の家系はある宗教を信仰していて、俺も生まれて直…

自殺は面倒くさい

10年近くどうやって命を絶つか考えてきたけど、自分自身とは言え、人ひとり殺すのには兎に角手間がかかる。ポピュラーで、手軽かつ安楽な自殺法として首吊りがあると思うんだけど、まず紐やら縄やらの調達が面倒臭い。それから場所を決めるのも大変だ。成人…

幼馴染との話③

だいぶ記憶が曖昧だけど、強引に書いた。 出会ってから2年経った。2人は小学校4年生。まだまだガキンチョだ。それでも俺は、Yを除いた全ての同い年に肩を並べるものはいないと言い切れるほど、多くの知識と教養をYから吸収した。 Yが見てる景色はまだ見えな…

ぜーんぶ壊れちゃえば

高校の頃は一歩も外に出られない時期があった。似たように心を病んだ人がよく陥る状況だと思う。今は薬飲んで何とか外に出て、しかも電車にも乗れてる。どん底に落ちてた頃と比べると奇跡だね。ただ、たまにある打ち合わせで慣れない場所への出張の時はかな…

幼馴染との話②

Yと出会って1年。まだ2人の心は狂ってない。 本屋行ったり、公園で遊んだり、流行りのゲームで対戦したり。俺らは見かけ上普通の子どもらしく、適当に仲良くやってた。まあ、力関係は圧倒的にYが優勢だったけど、彼女の力を目の前にしては当然のことだと思…

親が信じられない夢

俺の弟はガキの頃から野球を習っていて、高校生になった現在も野球部でそれなりに志を持って頑張ってるらしい。弟も野球をやる以上プロ野球選手を目指してる。本人の人間性は置いといて、夢を持ってそれに向かって突き進むのは素晴らしいことだし、カッコイ…

男なんてすぐやめる

俺は男だし、異性にチヤホヤされる方ではないので、基本周りにいるのは同性だ。でも男は嫌いだ。下品で暴力的だし、特に女性への見下しが許せない。普通に生きてきてどうして女の人をそこまで下に見ることが出来るのか全く理解できない。周りには一瞬でその…

幼馴染との話④

これはあまり面白い話じゃないけど。 小学5年生くらいの頃。幼馴染と出会ってからおよそ3年の歳月が経った。 俺は何故か知らんけど、学校では怒るととても怖い人と思われていて、授業中にうるさい人をキッと睨むだけで黙らせられたり、勝手な理由で気にくわ…

俺は許さないよ

俺は人が何か将来について憂いたり、自らの行為を後悔したりしているとすぐに、「別にいーじゃん」 「大丈夫大丈夫」を繰り出してしまう。時にはそれが良くない方へ作用してしまうのは良く分かってるけど、俺は本心からそう思ってる。 俺の周りには俺と同じ…

父親

父親が自分の子どもに好かれる一番の方法は、奥さんに優しくすること。多くの子どもらにとって母親は何者にも代え難い存在であり、親は二人いるにも関わらず、母親こそ最も大切な存在であることが多い。その母親に優しくする人を子どもが嫉妬以外で敵対視す…

心の中に閉じ込めて

自分の心の中に人や物事に対する鬱憤を蓄積する事は絶対に良くない。思いは材料さえあればどんどん成長していく。自分の心が許容出来ないくらい肥大する前に、話せる人がいるならどんどん聞いてもらった方が良いし、話し相手がいないなら空想の存在でも良い…

威圧による支配

暴力は振るわないにしても、立場の違いとかを背景とした威圧をすることで人を支配する人って、結局その人も誰か他の人の威圧感によって支配されてる可哀想な人なんだよ。そういう人は自分の威圧が通用しない人を酷く恐れる。とても弱い人たちだ。全て見透か…

間違ってる

心を病むと性に異常に緩くなることがある。性的な交わりは極めてプライベートな事柄で、ダイレクトに存在を肯定されてる感じがするし、人と人の距離が一番近く感じられる行為だと思う。愛を感じるかは別として、何かに満たされるのは確かだ。 でも本当に欲…

過去をどうすれば

時は人の救いだけど、過去の人に執着する俺にとってはそうではないかも。どんどんその人との記憶が薄れていくのが怖い。執着なのか取り憑かれてるのかは微妙だけどね。 その人との会話でいつかの俺が「過去に執着する人に未来はないけど、過去を捨てた人に…

空っぽじゃない

俺の心はスカスカだ。空っぽではないけど、ほとんどが空白。だから何かが入ってくれば直ぐに察知し、生々しく感じ取ることが出来る。例え入ってこなくても、近付いてくるものも敏感に感じ取れる。良いものも、悪いものも全部。だからいつも簡単に傷付いてメ…

幸せだから

今は、ただ俺のそばにある物いる人さえこのまま俺のそばにいてくれればいいし、その為ならどんな手段を使ってでも守りたい。そうしないと、俺は幸せになれない。自分勝手な理由なのは分かってる。でも今はそれでいい。たぶん、いま俺は幸せだから。

彼女について

褒められるほどの容姿を持ってるわけじゃないのに、何でか分からんけど、必死に考えに考え抜いて、為すべきことを為した結果、彼女が出来ることが人生の内に何度かあった。 彼女がいると凄く楽しい。俺はたまに一人で近所を散歩する程度で、外で遊ぶ機会が…

本当の友達になるために

いつもいつも友達になれたかなって思った頃に体の調子が悪くなる。そこで2人の付き合いは途切れて、自然にさようなら。俺は自分が気に入った人と友達になっちゃいかんのかとずっとメソメソしてた。でもそうじゃないのは最初から分かってる。体調が問題で付…

女の人は気付いてないの?

俺は比較的体のコントロールが楽な方の性別を持ってるんだけど、そうじゃない性別の人に分かってほしい事がある。あなた達は周期的に辛い日があるのは承知してるし、出産もあるし、その後にも大変な物があるのも、もう俺らは知識としては十分に獲得してる。…

成果

もはや普段の生活で何か成果を出せる力は残ってないけど、俺が求めてるのは成果とかそういうもんじゃないから。今日も何かしら行動したっていう自覚だから。呼吸を綺麗に出来たとか、お風呂に入れたとか、外を歩けたとか、そんな些細な事を実行できただけで…

暗黒

いま俺は幾つかの薬を毎日飲んで何とかあらゆる体の異常を誤魔化して、普通の人間のフリして生きている。薬が無かったらとっくに首吊ってるか、引き裂いてるかの行動に出ていると思う。 薬で整えた感情はちゃんと笑ったり、悲しんだり、悩んだりする。その…

出来るなら笑いな

ガキの頃から「何を考えてるのか分からない」と言われ続けてきたけど、返答はいつだって「何も考えてない」だ。それを言うと大抵の人は笑うけど、笑う人たちは本当に「何も考えない」が出来るの? ボーッとするのとは違う。目の前にある物や事象を認識せず…

何に泣けるか

何気ないことに対して泣けるかどうかでその人の人生が濃いか薄いかがわかると思う。沢山の経験をしてきた人は普遍的なことへの関心を持てるようになり、日常の中で感動を見つけることができる。大きな成功や奇跡みたいな特別な場面はいらない、そばに誰かが…